石巻市(宮城県)の避難者名簿(安否確認の情報)が全網羅されてるブログ(22日改名)【旧】被災地支援のログ3/16開設

3/15_23時に松本出発し16日〜21日まで福島仙台石巻まで支援行ってきました。

3/11発生の東北の地震が、言葉をなくすほどの状況で、報道TVも見れられなくなってしまった。一向に進まない物流など問題も山積。この時代の、この今を生きている自分が、今日できること、そして今日でなければできないことが頭を巡り、気が付けば個人ボランティアとして現地入り。そのリアルタイムでログを残します。

いてもたってもいられなかった。こんなの生まれて初めてです。被災者の邪魔にならないように淡々と自分ができることをしたいと思ってます。

■基本は携帯電話が使えるかどうかのエリアの疎通確認(音声とパケット両方をチェキ、可能な携帯はドコモ,au,Emobile)
Gps情報を付加した写メにてリタタイでガンガンモブログアップします。ただしアップできるのは圏内に入ってからとなります。
■同時に道路の損傷などあればGps情報付加した写メでモブログします。Googleマップと連動したPicasaにても試みま。
しかし、数百年に一度の東日本の異常事態下、限られたリソースで、凍死しないよう重装備のため現地にて余裕がないかもしれせん。ソーシャルな時代ですから、私が集めた現地情報をもとにネット上のみんなで力合わせて情報共有できればと思います。
現在福島方面へ移動中。仙台入りしてからモブログアップします。暫定でサイト開設のご挨拶まで(i-kamo)4/20から現地入りする個人ボランティアへ後方支援のリアルタイム情報提供を始めました
<< ボランティアと現地情報の提供と,今後の方針についてお知らせ7/20 | main | 石巻の今を知る秀逸な現地の写真ブログはこちら >>
新潟福島豪雨の災害状況と三条市と阿賀町で個人ボランティア情報のまとめ8/10
0
    今年は、大きな災害が多くて大変(>_<)
    311震災で現地+情報ボランティアした経験を活かして、
    できる範囲で、災害情報ボランティアを再開します。

    今度は平成23年7月_新潟福島豪雨
    被災地を応援することにしました。
    (県外個人ボランティアの後方支援)

    石巻へは、ここから2か月間で1350名が巣立ったから、新潟もがんばろッ
    8/2現在では県や自治体は、未だに被災状況の把握と情報収集のようです。
    この記事は8/2に書き始めて、都度リアルタイム更新します。

    宮城県石巻市の経験から、おそらく1週間位は、
    密度の濃い更新が続くと思います。取り急ぎ
    県外個人ボランティア募集★は【三条市のみ】な感じ
    ▼他は主に市内在住者か県内の方のみ募集▼
    十日町市(8/1〜8/10)と南魚沼市(7/30〜8/11迄)は同市内の方のみ募集
    魚沼市は新潟県内在住者を募集(7/31〜8/5)閉所予定日が最初からあるなんて
    ホントは、たいしたことないのかもねどうなの新潟県さん(^^ゞでも
    新潟県
    マスメディアの露出は、ほとんどないし、
    石原軍団も行きそうにないから
    微力だけど、おとなり新潟の応援するヨ(By i-kamo)

    -------------------------------
    リアルタイム最終更新(8/10_PM1)
    -------------------------
    ==緊急追記8/10==
    13,14日はお盆休みで活動休止
    15日以降は県内個人のみ受付と発表あり
    ですので、県外個人ボランティアさんは
    阿賀町災害ボランティアセンター「あがセン」のみとなります

    やっぱり、三条市は「ぜんぜん余裕だった」んですね(^^ゞ
    みんな「あがセン」でガンバレ)^o^(
    ===緊急追記ここまで===

    三条市阿賀町を応援に決定しました
    三条ボララセンは8月14日まで(公式発表)の短期決戦
    (ほんと?間に合うの?勝手に心配)(8/3 PM9追記)
    でも期限区切るのもいいかも、石巻みたいにダラダラやるより
    期限があれば助けて欲しい人も我先に駆け込みで申込む。
    行動経済学でいう期間割引ってやつネ(^^ゞ
    三条市の地図01社協アクセス地図
    ちょっと市民少なすぎぃ、冷たいお土地柄なのかな??少しさめた

    三条ボラセンに強敵現る(8/5_PM1)
    なんかどうも似てると思ったら、これなのね阿賀町災害ボランティアセンター
    通称「あがセン」は宮城南気仙沼でも活動、ボラ受入・活動でも全国区でかなり好評だった
    岐阜県(飛騨)高山市の県議」で超速攻・行動/活動力ある川上さん。さすがぁ(^^ゞ
    県議なのは伏せて、即ステルス行動、いつでも自分はボランティア団体体表って名乗る人
    今回も、早いし、がんばってネでも、あがセンでは県内在住者だけだから、
    県外個人はザンネンでした
    でも、行動力と団結力ある手順になれた熱い個人ボラが、みんな隠密で流れるカモ
    三条ボラセン危うし

    きゃぁーッあがセンが正式に県外OK書いちゃったょ(8/5_PM3)
    まずぃ、これじゃぁ、県外個人ボラみんな阿賀町に流れちゃう
    (確信犯だよね、また、いい既成事実作っちゃってパターンな、、)
    たぶん、心意気ある熱い県内外の個人ボランティアさんへは、
    阿賀町の場合、ボラセンHPだけ見れば、他に情報収集は一切不要
    最新の必要な情報がすべてリアルタイムで揃います
    (追記8/9に県外個人受入れを正式に発表ありました)

    (▼↓8/6_PM11)
    ここに8月2〜5日まで活動されたかたのブログを見つけましたぁ
    受付など写真付の複数ページで解説があり、かなり参考になります。

    (▼↓8/7_PM5※【注記】追加とニュースリンク)
    あがセンは、どうもなんかはまセンとは雰囲気が違う
    (災害ボランティア団体の団体名称が→【集結】の22名が発起人)みたい
    直前まで渡辺さんが「はまセン」で活動したのが岐阜高山の川上さんとの接点っぽい。
    川上さんはブログで8/10-12に現地入りと書いてある。DNAは同じでも
    「川上さん」と「はまセン」クローンを期待して現地に入る人はガッカリすると思うから、
    ボランティア活動という自発的な行動と行為に意義を見出す人が行ってあげてね。

    川上さんは地元の人をトップにあてがって補佐する感じでステルス行動みたいだから
    新潟阿賀町「あがセン」では新潟の「渡辺さん」が司令官みたい。

    今回は、川上さんは同時or相乗りで
    取り急ぎWebスペース提供な感じです。っていうのもWebの更新が極端に少ないから
    おかしいなと思って、調べてみたの。そしたら、ホムペの構成・デザイン似ていても、
    ベクトルは一緒でも、中の人は違う人ってとこ。基本ぜんぜん別人です。

    同じ海に近い田舎でも、宮城(太平洋)と新潟(日本海)、言葉も人間気質も
    全然違うことを分かったうえで、自己責任でいってらっしゃい。

    県央ドットコムみたら、どうも、やっぱり三条は、余裕っぽい。(8/6 AM6)
    普通にお祭りもやってるし(5〜7日),そして市民は冷たい(市内の参加者は1割程度)
    (5日は市内13名,市街71名,県外20名だって)
    三条市は青年会議所JCさんが主体
    ボランティアでも恩を売れば、後々、自分たちに帰ってくるから、
    人がいて、余裕なところは置いておこう。

    だから、kamoは県外個人のみんなへは「あがセン」お奨めと転向します(8/6に変更)

    阿賀町

    ▼共同通信社の阿賀町被災写真
    阿賀町_豪雨
    Youtubeで探しても2件しか阿賀町の水害動画はありませんでした(8/6)
    ↓はkukkaruさん撮影の動画

    床上浸水の被害件数はほぼ同じ、
    でも人口比(世帯比)だと5.8倍も被災度大きい阿賀町
    人口も、1.4万人と小さい「キツネの嫁入り」の町です。
    詳細はこのページ一番下に。(パソコンやスマフォiPhoneで見てネ)
    たぶん「気仙沼はまセン」同様に行政の支援が一番最後にくる所っぽいから、
    飛騨高山の川上さんが「あがセン」支援を決めたんだと思う。

    だから純粋にやさしい気持ちで見返りなんて関係ないな個人ボラさんには
    あがセン」で心ゆくまで応援してほしいと思う
    さぁ、人間界の白血球のみんな、いってらっしゃ〜い(^^)//~~~
    やっと6日に高速料金無料申請できるようになったヨ

    短期決戦だから、行くなら今のうちだよ
    でも、ボランティアの基本は身近(身短)(距離や知人・親戚とかキモチ的なもの)で決まるから
    Help yourself,自分の縁(ゆかり)のある好きな所に応援いってネ(8/6_PM3追記)

    新潟県

    ▼↓前置き長くて、ここから本題↓▼
    • 今回の豪雨水害の新潟県全体概要と基礎データ
    • 過去の水害時の前例データ(復旧予測に)
    • 現状認識と今後の展開予想(期間と内容)
    • 三条市特集のリンク一覧
    • 補足データとおまけ
    公式なHPでの詳細情報はまだなし(社会福祉協議会はこちら)
    床上浸水だけを単純計算しても、新潟県で2.5万人分の
    ボランティア潜在需要はあります(kamo調査の独自算出)

    ボランティア精神旺盛で、近くにお住まいのウズウズしてる「あなた」
    震災から約5か月、個人ボランティアのニーズがほぼ終息しつつあり、
    常連ができたり、縄張り争いが始まったり
    かわいそうだけど、国に5か月も放置プレイされて
    行き場のない被災ストレス満載、神経すり減し極限ギスギスな宮城方面よりも、
    今、これから助けが必要な人たちが
    ボランティア「力」を切望している
    新潟県三条市に向かってみてはいかがですか。

    天気jpの72時間雨量
    ▲↑天気jpの72時間雨量↑画像クリックで拡大▲

    宮城のボラセンは落ち着き、多くがお盆は休み。
    津波(海の水)ヘドロと違って、衛生面の心配も少ないし、
    海岸線、数百kmのように広域でなく、エリアも集中。
    高速・鉄道の交通網やライフラインも差して問題ないし、
    隣り町なら、何事もなく普通に生活してるから、
    宿泊や入浴、食事・物資入手の心配も一切不要。
    とんでもプロ被災者が出てくる時期でもないし
    場所を選べば、深く感謝され、
    行った甲斐がある所と出会えるかも。

    それを求めてボランティアするわけじゃないと思うけど、
    この時期、日本の多くの個人ボランティアさんは、
    たぶん、身も心も、お財布も疲れ切ってる頃だから、、、
    それに休暇も使い切ったんじゃないかな
    やっぱり、人間。支援したい場所と人は選びたいよね:)
    季節的に緊急性は少ない上、夏休みシーズンだから、
    県民show見て、お土地柄と・県民性を調べてからが吉かもヨ(^^ゞ

    でも、新潟も広いからピンポイントで、どこを応援するか絞らなキャ
    (8/3追記、県外個人は三条市だけかな、被災が大きいの中でも下田地区_旧下田村)
    ▼↓三条市特集↓▼(最終更新2011/08/04 PM1)
    新潟で【唯一】県外個人ボランティア受入中
    人口10万(旧三条市は8.8万、旧下田村は1.1万)です
    新潟県発表(3日17時)の被害集計では全壊13、半壊0、床上浸水301棟、床下1514棟
    三条市社協三条市下田体育館
    ▲↑ボラセン三条側の社協の建物外観(左)下田側の下田体育館(右)
    まずは、
    ★【位置と距離感】新潟市から
    「32km」南下した内陸寄り。高速インターは「4つ」
    新幹線一駅「燕三条」JR信越本線で「11駅目(東三条)」
    三条ボラセンにはJR12駅目(三条)が近い地図見てね

    高速料金の無料申請が可能になりました(8/5に申請書類PDFがDL可能に)
    高速は無料になりません自腹でネ(曜日・時間帯割引を併用して頭の体操ッ)
    ★旧市内も床上浸水ありますが、旧下田村側が被災度高い感じです
    ★三条市の場合はボランティア保険、自治体(社協)が負担してくれます(太っ腹)
    ★センター受付→地区割振り→作業開始→終了→報告です
    (受付は8:30〜14:00、活動は9:00〜15:00)
    ★短時間のお手伝いでも大歓迎と低姿勢
    テントサイトもある(下田地区の方)(民間のSnowPeak社が自社キャンプフィールドを無償提供)
    ★駅周辺の宿泊を調べる(楽天トラベル)(三条市HPにある市内の宿泊施設一覧22件)
    ★ガソリンや食料の心配不要、健康管理とケガだけに注意(保険証は持っていこうネ)
    ★服装と装備は津波系といっしょ。ボラセンページで確認してね
    ★高校生以上なら参加Okです。短時間でも無問題、来て来てチュな感じ

    三条市の地図01三条市の地図02
    ↑三条の拠点はコメリの南(マピオンで見る)
    ↑下田の拠点は下田庁舎の東(マピオンで見る)

    8月3日開設の「災害VCホームページ」と、地元ニュースサイト「県央ドットコム
    この2つ見れば、ほとんど事足ります。県庁・市役所・社協は見る必要性は少ないです。
    水害2004水害2011
    左平成16年,右23年水害の概略(Wikipediaより)

    今回も、そのページ流用すればいいのに、なぜか改めて新規に作られてます。
    当時、大きな自然災害が少なかったり、他と重ならなかったから、大勢一気に集まった前例です。

    ボラセン初日で見ると前回の10分の1。浸水件数は似ていても、全壊と半壊が桁違いに少ないかぁ。8月5日〜7日の花火祭りも一時は中止が→開催決定三条市も実はおもいっきり余裕があるのかな?県外個人は?エッ不要?実際のところ???
    前回は約1か月開催。今回は、どうだろう?長期戦るかもネ


    震災後でボランティアがいない、原発でタイヘン(>_<)メディアが取り上げない、
    前回は水害から4日後の初日だけで443名の参加者を考えると
    たぶん、三条市の担当者は危機感があると思います

    春先の311震災では三条市民のボランティア登録が市内で300名だったから
    市内に召集かけても数が知れてる。被災まもない今は誰もが身近なところ行くの考慮すると
    今回は隣接する魚沼市、長岡市、阿賀町と一つはさんで隣接の南魚沼も。
    そして、福島県まで同規模で被災してる。一番近い人口が多く近くで頼れる長岡市も。

    ↑上のリストに書いた前回の県内18325名・県外5273名参加は、
    どう考えてもムリムリ
    1. ほぼ全ての隣接町村からは応援きびしい
    2. 県外ボランティアは疲れ切っているor宮城にボランティアバスツアーで、ごっそり持って行かれている
    3. 大体が団体になるから当然10日以上前に予約されている。
    4. 津波の破壊風景の方が、今どきの観光ボラツアーではインパクトある
    5. 前回の水害があって、もう一度な三条市は311震災の前なら何とかなったが、、、
    その他に、普通ボラは1回で十分満足、津波の破壊力のインパクトは強烈、そして、
    未だに復旧進んでない。不謹慎ですが人間だからやっぱり数百年に1度にみんな向かう。
    三条は水害2回目(前回2004)一般人は、水害?、少し前に九州だか四国方面でもあったし、
    夏過ぎれば台風シーズン来るし、また、どこか、近くでいいやと思う人が多そう

    そう考えると、一番近くて新潟市の人か、山形か、群馬・長野県に頼るしかないよネ、
    県内だと、新潟・長岡・上越の人が分散して応援に行くしかないでしょう。

    なんか、とっても大変たいへん(>_<)と、色々と調査した結果(8/3_PM9時点)、
    kamoは三条市を応援することにしました。
    あッ、ここも知合い一人もいないや(^^ゞ宮城石巻と同じじゃん

    新潟県発表の↓
    新潟福島豪雨ボランティア01新潟福島豪雨ボランティア02

    (8/2時点での新潟県発表、災害状況、堤防決壊・浸水状況等がわかります)

    ■床上浸水(1531棟(県全体で))だけで見て「最低でも」
    三条市で5000人力くらい、魚沼市も5000、
    南魚沼市も5000、阿賀町4000くらいの
    泥だし作業はありそうです
    床下浸水(5923棟)は、件数的には床上浸水の4倍あります。
    程度にもよりますが、
    それに見合う数だけボランティアさんを切望してるはず。

    下記に自治体や社会福祉協議会、あれば災害ボラセンへのリンクをまとめます。
    ただいま、情報収集と編集中(i-kamo)

    ■自治体名,床上,床下,ボランティア募集
    新潟県,1531棟,5923棟(8/2 17時発表の第12報より抜粋)
    • 長岡市,191棟,1394棟(人口28.2万,世帯数100,897)県内ボラのみ募集
    • 三条市,301棟,1514棟(人口10万,世帯数34,542)県外・県内問わず
    • 魚沼市,282棟,935棟(人口4.1万,世帯数13,509)県内の方のみ募集
    • 南魚沼市,334棟,905棟(人口6.1万,世帯数19,101)市内の方のみ募集
    • 阿賀町,263棟,81棟(人口1.4万,世帯数5,163)県内の方のみ募集(あがセン(^^ゞ)
    • その他の自治体の募集状況一覧

    新潟県
    マピオン新潟県の地図へリンク

    おまけ、
    三条市を応援のきっかけは「ただの偶然」です↓
    いま(8/3)、夜のニュース見てたけど、豪雨水害やってないネ
    kamoも水害のことは、ほとんど知らなかった。
    せいぜいたくさん雨が降ってたいへんな所あるみたいっ。てしか思ってなかった。

    偶然、石巻の災害ボランティアセンターや復興支援協議会で、
    水害のことに触れられていて知ったの
    ある方なんて、コメントで石巻のボランティアを新潟福島にまわせっ、て
    過激なことを言ってる人もいた
    それ見て、お隣さんだし、少し調べてみたら厳しい現状が見えてきた

    国と手くんでるボランティア基盤プラットフォームの助けあいジャパン
    民間で成功している事例のふんばろう東日本Prj
    水害には完全無視決めちゃってるし、ていうか余裕がないんだろね
    新潟は後回し、知りませ〜ん。手回りませ〜ん。みたいな嫌〜な感じもあって、
    一気に【私設】三条市応援情報ボランティアになったわけ
    あと、たしか先月、これも偶然、どなたかのブログで三条市の市長のお話を読み、
    そして、ここのページみて、結構印象に残ってたからかもネ

    石巻の事例で逆算して、三条市へ20人〜50人(8/4〜8/30)くらいkamoの
    この情報をきっかけに県外個人ボランティアに向かってくれるとうれしいカモ
    もしかしたら、おいしい安全なお米が貰えるかもヨ、冗談だけど(^^ゞ
    kokoまで読んでくれたみんなならもう三条市に向かう準備始めたッ

    そんじゃーね(i-kamo)

    おまけ2(PCの人のみに詳細基礎データ)↓
    | i-kamo | - | 18:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    トラックバック機能は終了しました。
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    • 避難者名簿_石巻市_H23/3/15AM9時現在1〜11_76枚
      県外避難者 (09/05)
    • 【番外編】お花見て心とキモチほぐしてネ:)気分転換にお堀の巡回してきたヨ)^o^(
      Wsheep (04/21)
    • ブログアップどころじゃない
      tanji (03/19)
    + ARCHIVES
    + 石巻・東松島の週間天気
    + 石巻災害VCのリアルタイム最新情報
    + 明日以降のボランティア募集・受入状況
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE